北海道大学電子科学研究所 生体分子デバイス研究分野

14th IUPAC International Conference on Novel Materials and their Synthesis (NMS-XIV) (10月21-26日)

Development of Stimuli-Responsive Gold Nanostructure Assembly and those Applications”  (keynote lecture, E-KL-06, Oct. 23rd) Distinguished Award 2018 for Novel Materials and their Synthesis
○Kuniharu Ijiro

Evaluation of Change in Gap Distances between Gold Nanodots Immobilized on Hydrogel Surface”  (poster, P2, Oct. 24th)
○Satoru Hamajima, Hideyuki Mitomo, Yasutaka Matsuo, Kenichi Niikura, Kuniharu Ijiro

Immobilization of Gold Nanorods on Electrode Surface and Orientation Change by Electric Field”  (poster, P3, Oct. 24th) Excellent Poster Prize
○Mizuki Nihei, Satoshi Nakamura, Yasutaka Matsuo, Hideyuki Mitomo, Kuniharu Ijiro

Asian Conference on Nanoscience and Nanotechnology (AsiaNANO 2018) (10月18-21)

“Active Gap Control of Gold Nanodots on the Gel Surface” (oral-4O-001)
○H. Mitomo, S. Hamajima, Y. Matsuo, K. Niikura, K. Ijiro

第67回高分子討論会(9月12-14日)

“二本鎖DNAブラシを用いた垂直配向金ナノロッドからなる単層アレイの作製”(口頭、1U03、9月12日)
○中村 聡、三友 秀之、松尾 保孝、新倉 謙一、樋口 剛志、陣内 浩司、居城 邦治

“高分子ゲルを利用した金ナノドット間距離と表面プラズモンの制御” (口頭、2Q10、9月13日)
○濱島 暁、三友 秀之、松尾 保孝、新倉 謙一、居城 邦治

The Japan-Korea Joint Symposium

“Active control of metal nanostructures using flexible polymers” (招待講演、1ESA14ILY、9月12日)
○三友 秀之

2018年度 北海道高分子若手研究会(8月24~25日)

電極表面への金ナノロッドの固定化と電場による配向変化” (ポスター、P-13、8月24日)
○二瓶 瑞生、中村 聡、三友 秀之、松尾 保孝、居城 邦治

SPIE optics + Photonics (8月19-23日)

“Alignment Change of AuNRs on the DNA Brush Substrates by the Applied Electric Field towards Active Plasmonic Control” (Invited Oral, Aug. 19th)
○Hideyuki Mitomo, Mizuki Nihei, Satoshi Nakamura, Yasutaka Matsuo, Kuniharu Ijiro

17th International Conference on Organized Molecular Films (ICOMF17) – LB17 (7月23-27日)

“Two-Step Assembly of Gold Nanorods Using Curvature-Dependent Dehydration of the Surface Ligands” (oral, Jul. 24th)
○Hideyuki Mitomo, Ryo Iida, Kenichi Niikura, Kuniharu Ijiro

日本化学会北海道支部2018年夏季研究発表会(7月21日)

“高分子ゲル表面に配置した金ナノドット間のギャップ距離変化の評価”(口頭、C01、7月21日) 優秀講演賞
○濱島 暁、三友 秀之、松尾 保孝、新倉 謙一、居城 邦治

“ITO基板上に垂直固定化した金ナノロッドの電場による配向変化 “ (口頭、F15、7月21日)
○二瓶 瑞生、中村 聡、三友 秀之、松尾 保孝、居城 邦治

第67回高分子学会年次大会(5月23-25日)

“単一のリガンド分子で修飾した金ナノロッドの二段階温度応答性自己集合”(口頭、3K14、5月25日)
○三友 秀之、飯田 良、新倉 謙一、居城 邦治

“電解質高分子ブラシを用いたロッド状ナノ粒子の垂直配向アレイの作製” (口頭、3K16、5月25日)
○中村 聡、三友 秀之、松尾 保孝、新倉 謙一、相沢 美帆、宍戸 厚、居城 邦治

“ポリアクリル酸ゲル表面に固定化した金ナノドット間のギャップ距離変化の評価” (ポスター、1Pa073、5月23日)
○濱島 暁、三友 秀之、松尾 保孝、新倉 謙一、居城 邦治

ナノ学会 第16回大会(5月10-12日)

高分子ゲル表面に固定化した金ナノドット間のギャップ距離変化の評価” (ポスター、2P-11、5月11日) Young Best Presentation Award
○濱島 暁、三友 秀之、松尾 保孝、新倉 謙一、居城 邦治